2018年の相場の矛先

昨日から新年度相場となり、幸先よくスタートしたものの本日の新興や日経は一転して弱かったですね。

ここ最近の逆張りシグナル銘柄がなかなか引っかかってこないのは、レンジ相場になっているからだと思っています。また年末らしく、商いも少ないのでこういう時は、スクリーニングに頼るのではなく、
チャート分析&決算書を見て判断していきます。

スクリーニングはあくまで補助的な手段として用いるにとどめておきます。
なぜなら、スクリーニングはスクリーニングであって、荒削りなものだからです。

明日が大納会、1年を振り返って取引納めしていきます。

株式注意女子さんが書く、

【FISCOソーシャルレポーター】2018年度の新年相場を見越して

http://kabu-caution.jp/2017/12/29/post-1874/

を参考にしつつ、ポジション調整をして年始に備えたいと思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサードリンク



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です